エステで施術を受けた後に、体調が悪くなったという方は意外に少なくありません。このような症状を「好転反応」と言います。

今回はエステ後に起こる好転反応について、その原因やどの施術内容で起こりやすいかなどを詳しくご紹介していきます。

エステ後に起こる体調不良について

エステを受けた後なのに肌荒れになったら?

「エステ後に何だか肌の調子が悪く、潤うどころか肌荒れや吹き出物ができた」などという経験をしたことはないでしょうか?

メモ
実際に施術を受けた際には肌の状態も良かったのに、次の日になったら昨日とは違った好転反応の症状に悩まされることがあります。
エステ後に起こった不調な症状
  • 肌に吹き出物ができたり
  • 皮膚が痒くなったり
  • 全体的な倦怠感を感じたり

エステを受けた際に起こる好転反応の症状は、肌への影響だけではなく筋肉や関節、頭、身体など、様々なところで起こる場合があります。

また、これらの症状はエステ後でも出る人もいれば出ない人もいます。出る人でも、その時の体調などによって症状が違います。

どうしてこのような症状が出るかを把握していないと、「エステサロンの施術がいけなかったのか?」とエステを受けたことを後悔することになるかもしれないため、その原因などを知識として頭に入れておきましょう。

エステが原因?翌日に熱っぽくなって発熱した場合

エステを受けたことで起こる好転反応の症状には、吹き出物やかゆみなどの他に、頭痛や発熱、倦怠感などもあります。特にエステ後に発熱や頭痛が起こると、1日中辛い思いをすることになります。

どうして体調が悪いのかが分からないと、人によってはエステサロンの施術が悪いと思ってしまい、エステ後サロンにクレームを入れてしまう可能性もあります。しかし、これら症状は人によって起こることもあるのです。
メモ
これらの症状はエステを受けたことによって起こる「好転反応」と呼ばれる現象で、決してエステサロンの施術が悪くて起こる症状ではありません。

マッサージなどを受けたことで、今まで滞っていた血流やリンパの流れが改善され、カチカチに凝っていた筋肉がほぐされたことで、身体全体が活性化されます。

すると、エステ後に身体の奥に溜まっていた毒素が排出されるようになり、その過程でこのような症状が起こることがあるのです。

好転反応って誰でも出るの?

エステ後に好転反応が出る人の特徴とは?

好転反応はリンパマッサージを受ければ誰でも起こるものではありません。特に起こりやすいとされている人は、日常生活おいて毒素を溜めこんでしまっている方に多いとされています。

毒素が多い生活をしている人の特徴
  • 慢性の持病を抱えている方
  • 長い期間薬を飲んでいる方(飲まれていた方)
  • 添加物の多い食品を摂取している方
  • 脂肪分の多い食事を好んで摂っている方

このような特徴がある方などは、リンパマッサージを受けると、エステ後に好転反応が起こりやすいとされています。

特に長期間薬を飲んでいる方や、添加物の多い食品を摂取し続けている方は、薬や添加物の成分が少しずつ体内に溜まり、毒素となって蓄積されている可能性が高いです。

ここがポイント!
こうした方がリンパマッサージを受けることで、それらの古い毒素が徐々に出てくるため、エステ後に好転反応が起こりやすくなります。

好転反応って具体的にどんな症状?

エステ後に起こる好転反応の症状は様々で人によって異なり、またその日の体調の変化によっても違ってきます。

好転反応で起こる主な症状と原因

症状 原因
倦怠感 鈍っていた神経が、施術により代謝が良くなることで細胞が活性化し筋肉も動き出すため、翌日に怠さを感じることがあります。
発熱 ウイルスに感染している人、冷え性・低体温などの人は、新陳代謝が良くなり治癒力も高まることで、ウイルスに対抗するため熱が出ることがあります。
筋肉・関節痛 体に歪みがある人、筋肉が凝っている人は、エステ後に身体のバランスが整うことで好転反応として、筋肉痛や関節痛が起こることがあります。
頭痛 肩こりや首のこりが激しい人は、血行が良くなることで頭痛が出ることがあります。
ニキビ・蕁麻疹 老廃物が皮膚から排出される際に、ニキビや蕁麻疹が出ることがあります。

これらの症状の他に、稀ではありますが、以下のような状態になる方もいらっしゃいますので、エステ後に変わった好転反応が出たとしても、慌てずに落ち着いて対処してください。

古傷の痛み
過去に骨折や捻挫などをした人は、筋肉が収縮しコリがほぐれて神経が活発になることで古傷が痛み出すことがあります。
尿の色が濃い・臭いが強い
血液やリンパの流れが良くなり乳酸などの毒素が排出されることで、尿が濃くなったり臭いがきつくなったりすることがあります。
胸の詰まり
姿勢が悪い人は、コリがほぐれることで胸筋が引っ張られ詰まった感覚になることがあります。

好転反応の症状ってどれくらいで治る?


人によってはエステ後に起こる辛い好転反応の症状ですが、一体どのくらいの期間続くのでしょうか?好転反応には段階があり、初期化反応・良化反応を経て体質が改善されていきます。

初期化反応の症状

段階 状態と症状
弛緩反応 (低下していた機能が回復し始めた状態):倦怠感・めまいなど
過敏反応 (慢性的症状が一時的に改善されることで過敏に反応した状態):下痢・便秘・神経痛など
排泄反応 (解毒作用が行われた状態):発汗・吹き出物・尿が濃くなるなど
回復反応 (低下していた血流などが改善された状態):発熱・頭痛・吐き気など

エステ後に起こる好転反応には、このような段階を経て良化反応へと進みます。初期化反応が進んで各組織が回復し、自然治癒力も高まった状態を良化反応といい、更に血流が良くなったことで浄化され、細胞も活性化して症状も回復していきます。

このようにして好転反応が鎮静してきます。好転症状の鎮静期間は人によって大きく異なり、1日で終わる人もいれば何日間も続くことがあります。

メモ
多くはエステ後2日~3日くらいで治まること一般的ですが、人によっては何週間も続く場合もあるため、一概には言い切れません。

どんなエステプランだと好転反応が出てしまうのか

毛穴のエステでも好転反応は出るの?

毛穴ケアは、フェイシャルエステのプランのひとつとして組み込まれているサロンが多く、フェイシャルエステの内容によっては好転反応が起こる場合もあります。

毛穴ケアなどのフェイシャルエステ後に起こり得る好転反応としては、吹き出物・ニキビ・痒み・蕁麻疹などです。これらの肌トラブルは、フェイシャルマッサージによって顔のむくみが取れ血行が良くなったことで起こる可能性があります。
メモ
血液の流れやリンパの流れが回復されることで、顔に溜まっていた老廃物や毒素などが汗や皮脂と共に体外で排出されます。

エステ後の好転反応として、毒素が毛穴に溜まることで炎症がおきてニキビや吹き出物などができたり、肌の敏感な人はかゆみが起こったり、また蕁麻疹などが出ることがあります。ただし、全ての人に起こるわけではありません。

美白フェイシャルを受けた場合はどうなの?

フェイシャルエステでも人気があるプランが美白コースです。美白施術のエステ後には、どのような好転反応の症状が起こる可能性があるのでしょうか。

ここがポイント!
美白ケアでは肌が白くなるように、ビタミンCがたっぷり配合された美容液を使用したり、イオン導入というマシンを使ったりします。

美容に有効な成分を肌内部にまで浸透させることで、くすみやシミを薄くしたり、美白作用を強めたりするのです。

しかし肌が荒れている状態だと、成分的に良い美容液を使ったとしても馴染むには難しい場合があります。それは極端に乾燥している肌や、ターンオーバーが乱れている場合に起こります。そのためエステ後に好転反応が出てしまうのです。

これは自宅で行うセルフケアでも同様のことが言えます。新しい化粧品を使ってもしっくりこない場合は、まだその化粧品が馴染む段階ではないのかもしれません。

まずは肌を正常にすることが、エステ後の好転反応を抑えることに繋がると言えるでしょう。そのためには、フェイシャルエステでしっかりとカウンセリングを行って、スタッフに肌悩みを相談してください。自分の肌状態を把握しておくことが重要なのです。

エステ後に好転反応が出たときの対処法

好転反応が出ている間でもエステは出来る?

人によっては好転反応が何日も続くことがありますが、好転反応が出ている間でもエステで施術を受けても良いのでしょうか?

メモ
好転反応が出る人の中でも、症状が軽く終わる人もいれば、症状が強く出てしまい重くなる人もいます。
エステ後の症状が辛い場合には、ある程度治まってからエステを受けた方が良いと考えてしまいますが、好転反応が強く出れば出るほど、溜まっていた毒素が上手く排出できずに体内を巡っている可能性があります。

そのため、症状が出ている状態でも、エステの間隔を空けることなく施術を受けることをおすすめします。間隔を空けずに施術を受けることで、徐々に毒素が排出されてくるため更に体質が改善され、エステ効果を得ることができるようになります。

体調不良が起こってしまったときに実行することとは?

エステ後に好転反応が出た際に行う対処法はいくつかあり、これらの方法を行うことで、体内を巡っている毒素を体外に排出させることができます。

好転反応の対処法とその効果

対処法 効果
多くの水(水分)を摂ること まずは大量の水分を補って毒素を排出します。デトックス対策に最適な飲み物としては、常温の水の他、利尿作用のある緑茶やハーブティーなどです。施術後に多めに摂取すると効果的です。
適度な運動をする 20分~30分程度のウォーキングが効果的で、エステ後の好転反応を抑えるだけでなく、日常的に続けることで健康維持にも繋がります。
湯船にゆっくりと浸かる シャワーではなく湯船にゆっくりと浸かることで、発汗作用を促して毒素を汗と一緒に出します。
蒸しタオルで温める 頭痛がある場合には、蒸しタオルで後頭部を3回程度温めることで、頭痛を和らげることができます。

エステ後に好転反応はどうして出るのか

フェイシャルエステを受けた際に好転反応が出る原因

好転反応は、施術を受けたことで鈍っていた機能が活動し始め、体内に溜まっていた毒素が出てくることで、様々な不調が一時的に起こるのです。

ここがポイント!
エステでリンパマッサージなどを受けた際によく起こることがあり、この時でてくる毒素は今まで体内に溜まっていた古い毒素です。

エステティシャンによるリンパマッサージを受けると、エステ後は新陳代謝が良くなりリンパ液や血液の流れが促進されます。

施術の際に排出される毒素は、体内に溜まっていた毒素の中でも比較的蓄積して間もないもので、好転反応の原因となっている毒素は、身体の芯に溜まっていたものです。

好転反応が出るということは、カチカチに堅くなっていた筋肉が柔らかくなり、新陳代謝が良くなって身体のバランスを取りながら良い方向に向かっている証拠でもあります。

好転反応って出なくなるものなの?

好転反応が起こることで、身体に溜まっていた古い毒素が無くなります。エステ後に得られるデトックス効果は、比較的最近溜まった毒素や老廃物がほとんどです。そのため、長年蓄積された古い毒素までは取り除けない場合があります。

しかし、エステでマッサージを受けていくうちに徐々に代謝が改善され、血流やリンパの流れも回復していきます。それと共にあらゆる組織の機能も回復してくることで、シミやくすみが改善されたり、身体の奥に溜まっていた毒素も取り除かれたりします。

エステ後の好転反応は、人によっては症状が重くて辛いものではありますが、身体が回復に向かっている証拠でもあるため、ポジティブ思考に切り替え適切な対処法で乗り切りましょう。

そうすることでエステでのマッサージ効果がより高まり、キレイを手に入れることができます。キレイになるためにはエステ後の好転反応といった、ある程度の試練も覚悟する必要があるということです。

そのためには、色々なフェイシャルエステサロンを見比べる必要があるでしょう。人気のあるサロンの情報や口コミを比較して、自分に合った店舗を探してください。