妊娠中はホルモンバランスの影響で、肌が荒れやすく感じる人が多い傾向にあります。そのためケアを行おうとフェイシャルエステに通うことを考える人もいますが、その時には気を付けなければならないことがありますので注意してください。

フェイシャルエステと一言でいっても、お店によってはその施術方法は様々です。顔のみしか触らないお店もあれば、デコルテや手足などのマッサージも含めてフェイシャルエステとするお店もあります。

一般的には好みのエステサロンを選べばよいのですが、妊娠中であればその施術内容によってお店を選ぶ必要があります。

妊娠中にフェイシャルエステを受ける際の注意点

妊娠中には様々な注意点があります。超音波やレーザーなどを駆使した施術というのは、胎児に影響を及ぼす可能性があるため避ける必要があります。

また、強いマッサージは母体に力が入ってしまうため、流産や早産を招く要因ともなり得るのです。まずはカウンセリングの段階で、妊娠中でも大丈夫なエステの施術なのかを確認する必要があります。

妊娠中フェイシャルエステを受けるおすすめの時期

妊娠初期~中期
まだあまりお腹が大きくなっていないため、妊婦の体調が悪くなければ施術を受けることも可能です。
妊娠後期あたり
既にお腹が大きくなっており、仰向けで寝転ぶというのが大変になります。また、お腹の張りが頻繁だと切迫早産の可能性が出てきます。

妊娠中のデリケートな時期のエステは、自分の体調をサロンスタッフに相談しながら行ってください。きれいになりたいばかりに、赤ちゃんに負担を掛けてしまっては意味がありません。

フェイシャルエステを受けるのであれば初期~中期が無難でしょう。化粧品を駆使して顔をマッサージしたりスキンケアを行ったりする分には何の問題もありません。

妊婦さんが注意するのはマシンやマッサージの内容

気を付けなければならないのは使用する機具やマッサージ内容です。お店のスタッフにきちんと妊婦であることを伝え、体に負担がかからないよう考慮してもらうようにしましょう。

最初から妊娠中のコースがあるエステサロンもあります。そういったメニューでは赤ちゃんに気遣いとても優しくマッサージを行ってくれるスタッフが配備されています。

サロンへ前もって伝えるべきこと
  • 妊婦であること
  • 現在の妊娠の周期
  • 普段の体調管理など
これらを意識することで、妊娠中でもエステの施術を受けることは可能になるでしょう。通うエステサロンのスタッフとの信頼関係も大事だと言えます。

フェイシャルエステのお手入れと皮膚科

日本人の最近の肌傾向としては敏感肌というケースが増えています。皮膚の弱い人の場合は、エステサロンを利用したいと考えても、本当に大丈夫かどうかを気にします。

素肌のことを考える場合は、妊娠中でもエステでフェイシャルを受ける前に、皮膚科への受診をして肌状態をお医者さんに相談しましょう。そのうえで問題がないと判断されれば、サロンでのフェイシャルエステを受けてみることです。

素肌の敏感さはバリアが弱い証拠、その多くは実は乾燥などが大きい原因です。気候によっても乾燥は引き起こされますが、食生活や生活習慣でも肌が敏感になることがあります。

メモ
とくに妊娠中だと食生活にはしっかり気をつけて、エステに通うためにも正しい生活習慣をするべきでしょう。
乾燥肌の主な原因
  • 不規則な生活
  • ストレスによる睡眠障害
  • 添加物だらけの食事

これらの要因によって、肌へ必要な栄養が行き渡らなくなっているのです。しっかり食べて睡眠をとることが重要です。

妊娠中となると心身のバランスが崩れるので、規則正しく生活することは難しいかもしれませんが、それでも美肌を保つためにもエステを利用しながら正しい習慣を身に付けてください。

肌が弱い人におすすめのフェイシャルエステ

肌が弱いという人であれば、妊娠中でも皮膚科で処方をされる肌に優しいローションやクリームをスキンケアに使うのも良いでしょう。

ここがポイント!
お医者さんからエステ利用をして大丈夫という太鼓判があれば、エステサロンでのフェイシャルエステで十分な肌への保湿をしていくことができます。

自分でのお手入れは、妊娠中や敏感だからこそ慎重になりすぎてしまい、基礎化粧品を使うことさえ躊躇をすることがありますが、基礎化粧品を使わないと保湿はできません。

肌の弱さを自覚しているので汚れを落とすことに力を入れすぎて、余計に肌から水分を奪っていることも考えられます。この点についてはよく誤解されている方がいますが、汚れを落とすことは重要ですが、同時に皮膚の潤いを残すことも大事なのです。

そのため、顔を洗うときにゴシゴシ強く顔を擦る行為や、何度も洗顔を行うことはやめてください。これらの行動は必要以上に肌へのダメージになります。

自分ケアは敏感肌には難しいところはありますが、エステサロンのプロのアドバイスをもとにフェイシャルの施術を受けることで、妊娠中でも肌の改善は大いに期待できることになります。

とくに妊娠中は神経だけでなく肌も敏感になりがちです。セルフのスキンケアではできないことでも、エステのプロの手にかかれば不可能は可能になるという、肌のマジックは起こります。

敏感肌でも通いやすいと話題のフェイシャルエステランキング

正しいスキンケア方法をフェイシャルエステで教えてもらう

美容は日々の努力の積み重ねが大切です。そのため、妊娠中でも毎日しっかりスキンケアをすることが欠かせません。しかし自己流のケアには危険も隠されています。正しい知識に基づいてケアをしないと、逆に肌負担になることもあるわけです。

自分で調べたケアを自己流で行うこともいいですが、もしその情報が間違っているとしたらどうなるでしょう。そしてその間違ったスキンケアを長期間続けてしまったらとても大変なことになってしまいます。

本当に美しくなりたいのなら、エステなど、美のプロに相談しに行くことが大切になります。妊娠中でもエステでは正しいスキンケア方法をしっかり教えてくれます。そして正しいだけでなく、その人に合った方法になるので、効果的に美容に取り組めるでしょう。

肌質や悩みによって違う一人ひとりのスキンケア方法

人によって必要となる美容成分は異なります。とくに妊娠中だとホルモンのバランスも敏感になりますし、プロは素人にはわからない専門の知識を提供してくれるので、エステには大きな意味があります。

しみに悩んでいるのなら
ビタミンが豊富に含まれた化粧水や美容液が必要になるでしょう。
しわに悩んでいるのなら
保湿力の高いセラミドを含んだアイテムでのケアが有効です。

エステではその人に合った特別な美容液をふんだんに使って、皮膚の深層から肌を変えていきます。妊娠中でも生まれ変わった肌を実感できるのでおすすめです。

プロに正しいスキンケア方法を教わり、日々のセルフケアに取り入れながら、週に一回などは妊娠中でもプロに施術をしてもらうと良いでしょう。

プロは自分では取り切れない、毛穴の奥の汚れまで特別な機械を使って吸引してくれます。毛穴ケアは女性なら誰もが経験したことがあるでしょう。自分で行うセルフケアで満足したという意見はほとんど聞きません。

プロのエステの施術を受けることで肌の汚れをきっちり取り去り、その後の美容成分の浸透が良くなるのです。このような経緯を辿ることことで、自分ではなし得ない効果的なケアができるようになります。

プロに施術を行ってもらうことで自分の美意識も高まり、より一層、美容をがんばろうという気持ちになれるのが良いでしょう。妊娠中でもキレイになるため、なによりも自分の美意識を高く持つことも重要なのです。

手技で肌の悩みを解消するフェイシャルエステ

フェイシャルエステとは、肌の悩みを美顔機器や手技などを使って改善するメニューのことをいいます。フェイシャルだと妊婦さんでも受けられるメニューがあることから、妊娠中の方にも人気があるエステコースとなっています。

悩み別に効果的な施術

悩み 有効な施術
ニキビや吹き出物 毛穴の奥に残っている細かい汚れを落として毛穴のケアをするトリートメントが効果的
乾燥しがちな肌 肌を内部から潤わせるパックやマッサージなどが効果を発揮
ここがポイント!
オイルや美容液を使用したマッサージは、熟練のスタッフの高度なスキルを体験できますし、エステサロンにあるマシンは常に最新の技術が結晶されています。

何よりも人肌によるマッサージは美肌になるだけでなく、妊娠中でも安心感を与えてくれます。血行を促進して新陳代謝を活発にし、溜まった毒素の排出を促すデトックス効果にも優れています。

手技はフェイシャルエステでは欠かせないもの!その理由とは

フェイシャルエステで欠かせないのが、プロのエステティシャンによる手技です。手技により筋肉のコリをほぐしたり、リンパの流れを良くして体の中の老廃物を排出しやすくしたりすることができるので、妊娠中でもおすすめの施術です。

老廃物が溜まっていると、それがシミやたるみといった老化の原因になってしまうこともあります。ですから老廃物を取り除くことで、エイジングケアをすることが可能になります。また、血行を良くして肌の新陳代謝を高める効果もあります。

プロによるフェイシャルエステの手順としては、受けるメニューによって異なりますが、基本はクレンジング・洗顔・保湿と言ったような流れになります。

一般的なフェイシャルの手順
  1. クレンジングで毛穴の汚れを浮かせる
  2. 丁寧な洗顔で汚れを落として潤いを残す
  3. 肌質に合った美容液でしっかり保湿

これらの施術をプロが行うことによって、妊娠中でも美肌への道のりが近くなるのです。エステサロンのスタッフは日々自分たちの技術を磨くための鍛錬を行っています。いわば美の追求者と言えるでしょう。

メモ
そんなプロに掛かればキレイになれないはずがありません。美しくなるためには専門家の手技を受けるべきです。

セルフケアとエステサロンで行われる手技の違いとは

手技は力加減が難しいので、自己流で同じようにやろうと思っても上手くいきません。逆に力が強すぎて、筋肉や肌にダメージを与えてしまうこともあります。それが妊娠中だったら、赤ちゃんにも負担をかけてしまうことになります。

実際にエステサロンには行かず、自己流でフェイシャルのマッサージを行った人が、シワが増えてしまった、たるみがひどくなったと、そんな意見を多く聞きます。むしろ正しいマッサージが行えないのなら自分で何かをすることは避けた方がいいでしょう。

キレイになりたくて行ったことでも、それが間違った方法だとしたら逆効果になってしまうのです。それほど正しい知識と技術というのは重要なことだと言えます。

セルフケアとプロのエステケアの違い

セルフケア プロのケア
料金の違い ケアに使用する化粧水や美容液の代金のみ 数千円から数万円掛かる
必要な時間 いつでも好きなときにできる 前もって予約する必要がある(妊娠中でもOK)
手間の掛かり具合 調べたりテクニックを身に付けたりする必要があるので面倒 スタッフに任せるだけなので手間は掛からない
仕上がり感 自己流で行うと失敗することもあり満足することは少ない 専門的な技術とテクニックがあるので満足感と共に安心感も大きい

それから手を使ったフェイシャルエステは、リラクゼーション効果が高いことも分かっています。機器よりも温かい人の手に触れられている方が、心地よさを感じるのです。とくに妊娠中だとリラックス感はとても重要な要素だと言えます。

フェイシャルエステは生理中でもいい?

フェイシャルエステは顔やデコルテなどに施術を行いますので、いつでも予約して施術を受けられるというイメージがあります。

けれども女性であれば周期的に生理に重なる事がありますので、早めに予約を入れたものの生理中になってしまう事もありえないわけではありません。

メモ
しかし生理中も妊娠中と同じように心身のバランスを崩しがちです。実際にフェイシャルエステでも生理中の施術はあまり推奨されていません。

生理中のエステがおすすめとされない理由

生理中のフェイシャルエステですが、施術をしてもらえないわけではありません。ただし、この時期はホルモンバランスが不安定になっている事もあって、普段から敏感肌だという方の場合には、施術中や終わった後に赤みやかゆみなどの症状が出てしまうこともあります。

エステに行っても思ったような肌の調子になっていなくて、がっかりしたりすることもあるでしょう。

妊娠中でも生理中でもホルモンバランスの変化はコントロールができません。体だけでなく、心まで不調になることも珍しくないので、生理のとき体調不良になることを自覚しているのでしたら、フェイシャルエステを受けることは避けた方が無難だと言えます。
ここがポイント!
妊娠中や生理中でも、心身とも元気なときにエステサロンに行きましょう。体調が万全なときほど、より良い効果を感じることに繋がります。

施術日と生理が重なってしまった場合はどうすればいい?

本来は生理にならないように予約をするのがいいのですが、もし重なってしまった時には、早めにサロンに連絡を入れておきましょう。そのまま施術をするのか、それともまた別の日に予約を取り直すのか、エステサロンによって対応は変わってきます。

妊娠中でも急な予定変更の場合はサロンにすぐ連絡してください。当日にキャンセルを入れることになると、キャンセル料が発生することもありますので、早めに連絡をする事が大事です。

メモ
生理から大体の一週間も過ぎれば体調も落ち着いてきますので、それぐらいの時期に施術を受けられるよう予定を組んでみて下さい。

もし生理の周期がずれることなく決まっているのでしたら、きちんと生理日をメモしておくことでエステの予約と重なることは防げるでしょう。

もし不安定な周期の場合も、生理日を記憶しておくことは重要です。今では生理の周期をメモできるアプリがありますので簡単に自分の周期をメモできますし、妊娠中の体調管理も可能になっています。